比と割合~算数の探検⑥変身箱の不思議

比と割合は中学受験をする場合、4年生ぐらいから必要になってくる考え方です。

もし、比例や割合といった言葉が使われていなくても、文章題で比例の概念が必要な出題がされていたり、小数や分数のわり算の文章問題では割合を理解していないと理解出来ないものが出題されたりします。

なので、中学受験を考える場合、3年生、もしくは4年の始めには比と割合の概念を前もって子どもに伝えておくのが良いと思います。

変身箱の不思議

私が長男に使用したのは算数の探検⑥変身箱の不思議です。

低学年の時は1年先取りしていたので、長男は2年生の後半にこの本に取り組みました。非常にわかりやすいので、低学年でも十分理解出来ます。

水槽で比例を考える

水槽を使って考えます。

仕切った水槽の左側の水が1dl,右側の水が4dlあります。

左側の水が1dlから3dlになると右側の水は何dlになるかを考えます。

また、逆に左側の水が3dl,右側の水が12dlはいっていつ、水槽の水を流して左側の水が1dlになった時に、右側の水は何dlかも考えます。

こうして比例しているのは、どういった場合なのかを学びます。

このように、比例からはじまり、倍、割合についてもこの本で学べます。

 

売買算~割合

ただ、本で読んでわかったつもりでも、実際に問題は解けませんでした。長男コウは5年生で出てくる売買算に非常に苦労しました。割合を使いこなせるようになるのは、かなり難しいと思います。

売買算で使用したのはこちらの問題集「倍から割合へ  売買算」です。

売買算は本当に解けなかったので、この問題集(薄いですが)の問題は全て解きました。

それで、何とか売買算の問題に取り組めるようになりました。

 

 

また、もっと基本的な割合については

宮本算数教室の賢くなる算数の基礎コース

の16,19でも学びました。

比と割合はつまづきやすい

比や割合は本来なら6年生で学ぶもので、まだ成長途中の3,4年の子どもに教えるのはリスクがある内容のようです。(「進学塾不要論」より)

特に割合は具体的なもので表現しにくいと思います。お金やタイルを用いて説明する必要があるかもしれません。

比や割合は色々な分野で後々必要となる概念です。つまづいてしまうとかなりの範囲に影響がでます。出来るだけ丁寧に、細心の注意を払って教える必要があると思います。